【シナリオ】星が死ぬ日

シナリオ

寒冷化によりもうすぐ住めなくなる惑星「フェクスクラ」から、難民が2,000万人出ました。近隣4惑星に受け入れてもらう必要がありますが、その条件をめぐり外交交渉とロビイングを行います。惑星が死ぬその原因を探るエクスプロア、対外交渉のソサイエティ×4+ヴォヤージュ、これらすべての要素から最適な妥協案を導き出すネゴシエーションと、様々な要素を比較的短時間で遊べます。

ユドナリウム用zipセーブファイル

 本作は、「ステラーライフTRPG」(なななな / セカイカーネル)というTRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)をGM(ゲームマスター)として遊ぶための「シナリオ」です。本作を読んでしまうと、このシナリオをプレイヤーとして遊ぶことが非常に困難になりますので、ご注意下さい。
 作者は、本作を利用された場合に生じる損害などに関して一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承下さい。本作は「解説文」が含まれますが、今後の研究や技術発展によってその内容は変化または陳腐化することも考えられ、作者はその内容の正確性を一切保証できかねます。
 本作はフィクションです。登場する人物、国、惑星、名称等は架空のものであり、実在のものとは関係ありません。

【サマリー】

 惑星「フェクスクラ」は、あと1年で人が住めない環境になってしまうという。多くの住民たちが脱出したが、まだ2,000万人も残っている。この難民たちの移住先を探す交渉が、PCたちに委ねられた。
 ワープ航行は空間そのものを歪める技術であり、ときに思いも寄らない副作用を起こすことがある。フェクスクラは多数のワープ航路が交差する要所に位置する寒冷地の惑星だったが、多用されたワープがフェクスクラの恒星「フェスランシグ」に何か影響を及ぼしたらしく、活動が急激に低下。フェクスクラの気温は日に日に下がっており、日照も大きく減少。このままでは寒さで生活インフラが壊れ、食料が底をついてしまう。
 周辺宙域には、難民の受け入れ先になれそうな惑星が4つある。手練手管の外交交渉で、できるだけ早く、できるだけ良い条件で、難民たちを受け入れてもらえるように交渉しよう。

人数3~4人
プレイ時間2~4時間 (テキセ4~8時間)
内容ヴォヤージュ&ソサイエティ×4&エクスプロア&ネゴシエーション (宇宙船無)
雰囲気災害支援外交交渉
  シリアス ○★○○○ コメディ
宇宙船&メカ ○○○○★ 組織&社会
  冒険活劇 ○○○★○ 心理とドラマ
難易度難しめ 140ppキャラクター級
星が死ぬ日_シナリオ本体

コメント

タイトルとURLをコピーしました